青の花茶に関して

青の花茶を効果的に飲む方法!3つの飲み方のポイントとは!

投稿日:

ダイエットの為に青の花茶を効果的に飲みたい!と思っている方は多いはず!

ここでは青の花茶の効果をあげる飲み方の3つのポイントを紹介したいと思います。

青の花茶の効果を上げる3つのポイント

青の花茶はお湯にティーパックを入れるだけなので簡単につくることができます。

なにも考えずに飲んだとしても効果を感じることはできると思いますが、3つのポイントを守ることでさらにダイエットをサポートしてくれること間違いなしでしょう。

ポイント1 食事と合わせて飲む

ポイント1 食事と合わせて飲む

青の花茶の効果を感じるためには毎日飲み続けるということが大事です。
その為にも食事と一緒に飲む習慣をつけるようにしましょう。

食事と甘い飲み物が苦手という方は薄めに作るのがポイントです。
青の花茶は濃ゆくつくると甘味が強くなります。

薄く作ることで、ハーブティーのようにごくごく飲めるお茶が出来上がります。

ポイント2 おやつの代わりに飲む

ポイント2 おやつの代わりに飲む

ダイエットしてるのであれば間食は我慢してると思います。

しかし、どうしても食べたくなる時もありますよね。
そんな時には青の花茶を飲むようにしましょう!

青の花茶は、ノンシュガー、ノンカロリーなのでおやつの代わりに食べることで摂取カロリーを大きく抑えることができます。

ダイエット中にはどうしても甘いものも食べたくなりますよね。
そんな時に青の花茶はとってもオススメです。

冬場はホット、夏場はアイスや牛乳割で飲むのがオススメです。

ポイント3 就寝前に1杯飲む

ポイント3 就寝前に1杯飲む

青の花茶を就寝前にも飲むようにしましょう。

青の花茶にはポリフェノールがたっぷり入っていて1日のストレスをスッキリとしてくれます。
就寝前にストレスから解放してあげることで質の高い睡眠をとることができます。

ノンカフェインなので寝れなくなる心配もありません。

翌朝のお通じもよくなるのでオススメですよ。

青の花茶の飲み方

青の花茶はホットでもアイスでもおいしく飲むことができます。
青の花茶を簡単に紹介しますね。

ホットで飲む方法

  1. カップにお湯を注ぐ
  2. ティーパックを1包入れる
  3. 3~5分蒸らす
  4. スプーンなどでかき混ぜティーパックを取り出す

※蒸らす時間によって味が変わってきます。
短いと薄くあっさりとした味に。長いと濃ゆく甘味の強い味になります。

アイスで飲む方法

 

  1. カップにお湯を注ぐ
  2. ティーパックを1包入れる
  3. 6~10分蒸らす
  4. スプーンなどでかき混ぜティーパックを取り出す
  5. 氷の入ったグラスに入れ替える

 

アイスで飲む場合は濃ゆく作り、氷や水で味を調整するのがオススメです。
水からつくることもできますが、お湯で作った方がおいしく本来の味を楽しむことができます。

牛乳や豆乳で割って飲むなどのアレンジもできますので、色々挑戦してみるのも良いと思いますよ^^

-青の花茶に関して
-,

Copyright© 【青の花茶】ダイエットに本当に効果ある?本音で評価します , 2017 AllRights Reserved.