青の花茶に関して

青の花茶は妊娠中・授乳中は飲んでも大丈夫なの?

投稿日:

ダイエットサポートのお茶として人気の青の花茶ですが、妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのでしょうか。

産後のダイエットのサポートとして青の花茶を飲みたいと思っている方も多いと思います。

妊娠中には気になる悩みも多いと思いますので、青の花茶が妊娠中の体重管理に向いているかどうかを紹介していきます。

妊娠中は気になることが多い

妊娠中に青の花茶は飲んでいい?

妊娠中は色々悩みや気にしなければいけないことが多いですよね。

  • 体重の管理
  • 赤ちゃんへの栄養
  • カフェインを摂らない
  • 肌荒れが気になる
  • 便秘になりやすい

これらは妊婦さん共通の悩みだと思います。

妊娠中はカフェインなども控えないといけないため、コーヒーや紅茶なども控えないといけないのでストレスが溜まりやすいですよね。

特に、妊娠中の悩みとしてよく聞くのが便秘です。

妊娠するとなぜ便秘になるの?

妊娠中に便秘になりやすいのには原因があります。

妊娠中便秘になる主な原因

  • ホルモンバランスが変化する
  • つわりで食事が食べれなくなる
  • 子宮が大きくなり、腸が圧迫される為
  • 赤ちゃんの血液や羊水に水分が必要になる

便秘の状態が続くと、身体がむくんだり、体重が増えてしまったりなど悪循環にもなります。
なにより、つらいのが一番いやですよね。

そんなつらい便秘の状態ですが、赤ちゃんへの影響を考えると無理に下剤などで出すことは避けたいです。
そんな時はデトックスティーを飲めばいいんだ!

そんな記事をたまに見かけますが、青の花茶は妊娠中には絶対NGです。

青の花茶を妊娠中に飲んではいけない理由

青の花茶はハーブティーの1種で、バタフライピーというハーブを使っています。

バタフライピーは妊娠中には摂取をしないほうがよいハーブです。

バタフライピーには

  • 下剤作用
  • 子宮収縮作用
  • 血小板凝固の抑制作用

これらの作用があるので、妊娠中にのむことは避けましょう。

当サイトでは、必要のある場合はかかりつけ医に相談することを推奨しています。
妊娠は自分だけではなく、子供に関わることです。

 

一人で判断せず、お医者さんに相談してみましょう。

-青の花茶に関して

Copyright© 【青の花茶】ダイエットに本当に効果ある?本音で評価します , 2017 AllRights Reserved.